引越し代金が安い時期について

繁忙期は避けることが大切

引越し代金が高くなり時期の繁忙期はいつかというと、4月からの新生活に向けて多くの人が動き出す2月の終わりから3月くらいになります。この時期は、これから一人暮らしをする学生の方や新社会人、単身赴任の方や職場の転勤で動く方などが多く、引越す人がとてもたくさんいる時期となっています。この時期は繁忙期とよばれていて、引越し代金もかなり高くなっています。そのほかのオフシーズンと言われる時期と比べると、数万円高いこともよくあります。また、予約も取りづらいです。多くの人が引越す時期なので、人気の高い業者はなかなか予約をとることすらできないのです。特に、繁忙期の土曜日や日曜日は予約がいっぱいですし、金額もとても高く設定されています。大手の業者になればなるほど、割高になっていますが、大手の業者はそれだけサービスも充実していますしとても丁寧に作業もしてくれます。金額があまりにも安い業者だと、サービスが全く充実していないこともあるので、金額だけで選ぶのはあまりおすすめではありません。できるだけ安い金額がいいと思っているのであれば、繁忙期は避けることが大切です。

安い時期はいつなのか

引越しが安い時期ですが、繁忙期といわれている2月の終わりくらいから3月以外はオフシーズンといわれています。このオフシーズンは、比較的安い時期になります。引越す人がとても少なくなるので、業者が設定する料金もかなり低価格になります。特に、オフシーズンの平日はとても安くなっています。オフシーズンであっても引越す人はおられます。その多くは、土曜日や日曜日を選ぶ場合が多いのです。そのため、平日はほとんど予約も入っていなくて、予約もかなりとりやすくなっています。このようなことから、平日は低価格で設定されているものなのです。安い時期の平日が、節約をしたい人にはかなりおすすめです。また、低価格で引越すことを考えているのであれば、荷物をできるだけ減らすことも大切です。不要だと思うものは売ったり、捨てたりします。まだまだ使えるきれいなものであれば、買い取ってもらうのがおすすめです。また、エアコンなどを取り付ける作業は、引越し業者に任せるのではなく、できるだけ専門の業者に任せることがおすすめです。引越し業者に任せてしまうと、とても高くなることもあるからです。お得に引越しをしたいのであれば、繁忙期以外の平日がとてもおすすめです。

Comments are closed.