一人暮らしの引っ越しでかかる費用の相場を知っておくと便利

一人暮らしの費用の相場はいくらかを調べる

一人暮らしをはじめてするときに、どのくらい引っ越しでかかるのかの相場をしっかりと調べておくことはとても大切です。
たとえば、自力で引っ越しする場合は、車のレンタル代と手伝ってくれる友人へのお礼などを考えても、大体3万から4万円ほどかかってしまうことが多いです。まず、車のレンタル代が1日で1万7000円から2万円ほどと考えて、それに、一人で運べない荷物を運ぶために、友人に協力を仰ぐことになれば、一緒に外食に行ってごちそうする、ということが普通なので、そのお金もかかります。丸一日作業にかかると考えたら、やはり3万円以上はかかると考えておくことが大切です。
また、引っ越し会社に依頼するとしても、単身での平均料金は3万から6万円程度はかかることが多いです。一人暮らしの場合、2トントラック一台と作業員二人は必要と見積もりをとられることが多いからなのですが、やはりここでも3万以上かかってしまいます。
それに、新居に送る荷物をつめる作業を一人でするのか、それとも業者にお願いするのか、ということなども考えなければいけないので、きちんと計画をたてて進めることがとても大切です。新居で生活するための電気や水道などの手続きも早めにしておく必要になるからです。

安く引っ越せるポイントを調べる

まず、業者によって、単身者専用でお得な料金設定のプランを用意していることもあるので、そのプランを利用すると安くなることがあります。学生の場合は、学割パックの設定がある業者もあるので、そこを利用するとかなりやすくなります。ですが、指定されている積載量を超えてしまうと割高になってしまうので、注意します。
それから、実は大型家具は転居先で購入するほうがお得な場合もあります。単身者の引っ越しでは、必要なトラックのサイズによって、大きく料金が変わってくることも多いので、容量の大きな家具はリサイクルに回して、改めて新居に入った後に新調するという人もいます。
時期や時間など、譲れるポイントを検討してみるのも大切です。引っ越しの日を、お休みの日ではなく平日にしたり、時間を指定しないフリータイムで申し込みようにするなど、譲れるポイントがあるときは、業者に相談して決めるようにするのも安くなるポイントです。
一人暮らしの引っ越しでも、一括見積もりサービスは利用することが可能です。なので、まずは見積もりを依頼してみて、自分が納得できる、気になる業者を絞り込んでから価格面でも交渉してみるということも、安く費用を抑えることができるポイントだといえます。

 

 

一人暮らしの引っ越しと役所への届け出について

引っ越しのプランには一人暮らしやファミリーと言ったニーズに合うプランが用意されており、無駄なく行えるようになっています。
また、一人暮らしは荷物の量が少ないため格安で行えると言う魅力も在ります。
尚、役所への届けには転出届と転入届の2つの種類が在ります。

引っ越しのプランについて

引っ越しをする場合に業者を利用する時、家族なのか一人暮らしなのかによりプランが用意されています。
一人暮らしの場合は、家財道具の量もそれほど多くは無いため、1トン車両などの小型のトラックで作業が行われ、家族の場合は人数が多いことからも、家財道具の量も多く、2トン車両や4トン車両などの大きなトラックが利用される事になります。
家財道具の量に応じて料金も変わりますし、引っ越しは春先などに行う人が増えるため、料金が割高になります。
しかし、冬場などの時期と言うのは閑散期と呼ばれる引っ越しをする人が少ない時期などの理由からも、通常と比較すると安く作業を行えるようになっています。
因みに、一人暮らしの人が新居での新生活を行う時、レンタカーを利用して行うケースも在りますが、レンタカーは借りた場所に車を返す必要がありますので、遠方での引っ越しをする場合には利用する事が難しくなるため、一般的には専門の業者に依頼をするのが便利です。
また、業者のプランの中には半径10キロ以内と言った移動距離に制限が設けられているプランも在り、このようなプランを利用する事で通常よりもリーズナブルな価格で依頼が出来るなど、幾つかの業者のプランを比較して決めるのがお勧めです。

 

役所への届け出について

引っ越しをする時、新居での生活をスタートする時には色々な手続きを行う必要が在ります。
住所が変更になるため、ガスや水道、電話、電気、郵便局、クレジットカード、免許証、携帯電話など色々な手続きを行う必要が在ります。
そのため、準備段階で何をいつまでに行うのかをメモしておくのがお勧めです。
また、住所が変更になる事からも役所への届け出が必要になります。
役所への届け出には転入届と転出届の2つの届け出の種類が在りますが、これらの届け出を行う事で住民票を異動させることが可能になります。
但し、2つの届け出の内、転入届は必ず必要と言う事ではなく、条件に応じて転入届が必要になるのが特徴です。
住まいの住所には管轄となる市区町村の役所が在りますが、同一管轄内での引っ越しをする場合は、引越しを行う1週間前までに転出届の届けを行う事で新住所への住民票の異動が可能になります。
しかし、異なる管轄へ移り住む場合は、現在の住まいが管轄になっている所で転出届を行い、引越しが済んだ後に、新住居の住所が管轄になっている役所で転入届を提出することで住民票を異動させることが可能で、引越しが完了してから1週間以内に転入届の手続きを行う事が大切です。

 

参考:引越し代金が安い時期について

Comments are closed.